スクリプトの活用をする重要性を理解してawsを効率的に運用しよう

awsの運用方法を検討するときにはどのようにして効率化するかが大きな課題として挙げられるでしょう。

合理的な形で運用し、パフォーマンスを維持するためにはスクリプトを活用するのが良い方法です。awsの運用には何が不可欠なのかという基礎的なところから、スクリプトの重要性や活用方法まで幅広く紹介するので参考にして下さい。

「何に注意すべき?awsを運用するときの注意点を知ろう」

運用する上で欠かせないのがサーバーの安定

awsはクラウドサーバーとそのサーバー上で利用できるアプリやサービスなどを提供してもらえるサービスです。運用するときの取り決めとして、割り当てられたサーバー領域については割り当てられた側が適切に管理することになっています。

サーバーのハード側の問題については運営会社が管理してくれますが、その内部のストレージなどについてはユーザーが管理して運用しやすい環境を作らなければなりません。実際に運用する上で最も重要になるのがサーバーの安定で、メモリが不足してしまって動作が不安定になったり、ストレージが不足して共有すべき情報をサーバー上に上げられなかったりすると大きな問題になってしまいます。

サーバーを安定させるためには監視をすることが必要で、一般的にはサーバーエンジニアによるリアルタイムでの監視が行われています。リアルタイムでの監視が実施されているのは、いつどんな理由でサーバーが不安定になるかが予測できないからです。

社員の一人が突然一斉メールをawsのサーバー経由で配信したために容量不足に陥り、他の業務が停止してしまうということもあります。このような社員のアクションがどうなるかを予想するのが難しいため、何かあったときにすぐに対処できるようにエンジニアが張り付いているケースが多くなっているのです。

ただ、それがサーバー運用のコストを上げる原因でもあるのは確かでしょう。

監視業務の負担を軽減するためには自動化が重要

監視業務の軽減をするのはawsを運用するコストパフォーマンスを上げるためには欠かせません。リアルタイムで人件費の高い優秀なサーバーエンジニアに監視させるのはコストがかさんでしまうため、その負担をいかにして軽減するかが重要になります。

主流になっている解決策として、サーバーエンジニアが見て判断しなくても機械的にどうすべきかがわかる問題については自動的に対処できるようにする方法があります。平たく言ってしまえばサーバー監視の大半の業務を自動化することにより、リアルタイムでの監視を必要なくすることができるのです。

ただ、自動化をしてもある程度はマンパワーによる対応が必要になるので、サーバーエンジニアなしでの運用は困難でしょう。

スクリプトを活用すれば自動化が可能

自動化によるサーバー監視を実現するための方法として重要なのがスクリプトの活用です。スクリプトとは端的に言えば条件に応じた指示文で、このような条件を満たす状況になった場合にはこのようなアクションを起こすというのを記述したものになっています。

そのスクリプトを常に動かしておくことにより自動対処が可能になるのです。例えば、ある領域で容量が不足してしまったという条件があった場合に、他の領域の容量を比較しても最も余裕があるところから容量の割り当てを変更して補うといったスクリプトを書くことができます。

このようにして何かサーバーを不安定にしてしまうようなトラブルが発生したときに、どのような対処をするかをスクリプトとして記述しておけばタイムリーに対処することができます。場合によってはエンジニアが対応するよりも早いのでサーバートラブルを避けるのにより大きな効果を発揮する可能性もあるでしょう。

ただ、スクリプトを書くにはサーバーに関する知識だけでなく、プログラミングスキルも不可欠になります。さらに現場での運用状況を理解して適切なスクリプトを考案する必要があるため、かなりレベルの高いエンジニアでなければ適切な対応ができないのも確かです。

スキルの高いエンジニアがいると有利

スクリプトによる自動化をする最も理想的な方法は社内エンジニアとして優秀な人材を確保することです。企業として雇用しているエンジニアであれば内部事情を詳しく理解してもらうことができるため、スクリプトを書くときにも現場の状況に合った形にしてくれます。

状況の変化に応じて柔軟にスクリプトを書き換えることも要求できることから、常に高いパフォーマンスを維持しつつ障害が発生しないようなawsの運用が実現されます。スキルがどれだけ高いかが重要な点で、以前にawsの運用や監視を担当したことがあるサーバーエンジニアであれば安心です。

awsの導入に際して優秀なエンジニアの採用を進めてみるのも合理的な考え方でしょう。

代行業者に任せて自動化することも可能

もし社内エンジニアを確保するのが難しいのなら外部委託によって対応することも可能です。awsのサーバー運用の代行業者を利用すれば自動化によって対処してもらえる基盤を作り上げてもらうことができます。代行業者ではサーバーの運用に関する幅広い対応をしているのが一般的で、希望に応じた業務内容を決めてコストを見積もってもらえるのが特徴です。

自動化だけを任せたいということも、継続的に監視をしてもらうこともできるので、社内状況を考慮に入れながら適切な内容で委託するようにしましょう。

フリーランスエンジニアに任せる方法もある

代行業者に依頼するとかなりのコストがかかることは否めません。現場に応じて適切なスクリプトに書き換えていこうとすると継続的にコストがかさんでしまうのが問題になり、依頼することはできないという結論になる場合もあります。

この際にもう一つ検討してみると良いのがフリーランスエンジニアの活用です。独立して働きたいと考えるエンジニアが増えている影響でフリーランスの人材に依頼するのが容易になってきています。業者に依頼するのに比べてコストはかなり抑えられるのがメリットで、優秀なエンジニアを見つけることができれば高いコストパフォーマンスを発揮してくれるでしょう。

現場に合ったスクリプトで自動化しよう

awsを効率的に運用できるようにするためには障害を防ぎつつ、パフォーマンスを向上させるための仕組み作りが必要です。

スクリプトを書いて自動的に対応できるようにすると業務負担が軽減され、タイムリーな対応も可能になります。スクリプトの活用を実現するための選択肢としてどれが良いかをよく考えて導入を進めましょう。